脱毛の仕組み|効果が出始める時期について

脱毛には効果的な方法、期間というのがあるのはご存じでしょうか。脱毛サロンに行く人は知っていると思いますが、脱毛は一度で終わるわけではないんです。月に1~2回ほど通い複数回の施術を行うことで初めて脱毛の効果が現れます。

体毛の周期
今、みなさんの目に見える体毛は全部ではありません。基本的に目に見えている体毛は全体の3分の1程度で、残りは皮膚の下にあります。体毛は1本1本が「毛周期」と呼ばれるサイクルを持ち、「成長期」「退行期」「休止期」を繰り返しているんです。
成長期にはどんどん伸びて、退行期には体毛が抜ける準備に入り、休止期には完全に抜けてしばらくのお休みとなります。このサイクルは1本1本が別々に持っているため、すべての体毛が表面に出ることはありません。

脱毛の種類
脱毛には色々な種類があります。自宅でできる脱毛方法としては「毛抜き」「家庭用脱毛器」しかありませんが、サロンでの脱毛には「レーザー脱毛」「光脱毛(IPL・SSC)」「ニードル脱毛」があります。これらを分類すると「物理的」なのが毛抜き、「細胞を壊す」のがレーザー・IPL・ニードル、「抑毛」がSSCとなります。

物理的な脱毛はNG
自宅でできる毛抜きやローラータイプの脱毛器はオススメできません。物理的な脱毛は確実な効果が見込めない上に、肌への負担が大きいからです。埋没毛や炎症の原因となることもあるため、安全に脱毛するのであればサロンやクリニックで脱毛しましょう。レーザーやフラッシュタイプの家庭用脱毛器も一般向けにかなり出力を弱めているため、脱毛効果が現れるまでかなりの時間がかかるので注意してください。

もっとも効果が強いのはニードル脱毛
ニードル脱毛の仕組みは毛穴に針を差し込み、針に電気を流すことで体毛を作る細胞を破壊します。毛穴ひとつずつに処置をするため非常に効果が高く、現時点では永久効果がもっとも強いと言われています。ただし針を刺すという方法ゆえに強い痛みを伴い、手間がかかるため高額になりやすいというデメリットがあります。そのためデザイン脱毛や比較的範囲の狭いパーツの脱毛、仕上げなどに利用されることが多いです。

永久脱毛と言えるのはニードル脱毛とレーザー脱毛だけ
次にレーザー脱毛ですが、レーザーと言っても皮膚に照射するわけではありません。黒い色素に反応するレーザーを使うことで細胞に熱を加え、ダメージを与えるのです。毛穴に直接処置するニードル脱毛に比べると効果は落ちますが、「永久脱毛」の定義である「脱毛から1ヵ月後の毛の再生率が20%以下」をクリアしているので永久脱毛と言えるのです。光脱毛よりも強い出力で行うため、光脱毛以上ニードル以下の痛みを伴い、麻酔クリームを使うクリニックもあります。

エステサロンの脱毛は光(フラッシュ)脱毛
エステサロンで採用されている光脱毛には2種類あり、レーザー脱毛の出力を弱めた「IPL」と、抑毛タイプの「SSC」に分けられます。IPLはレーザー脱毛の出力を弱めたもの(厳密には違います)で、その分痛みも少ないですが効果も弱く、「永久脱毛」とは言えません。SSCは抑毛効果のあるジェルを塗り、ライトの照射によって浸透させる方法ですが、こちらも永久脱毛ではなくどちらかと言うと「減毛」や「抑毛」に分類されます。

それぞれの効果
もっとも即効性があり確実な方法は「ニードル脱毛」です。毛穴1つ1つに処置を施すため、高い確率で脱毛できます。ただ、施術にかなりの時間がかかることと、料金が高額になることを考えると、狭い範囲や仕上げに利用するのがオススメです。
逆にもっとも効果が低いのは光脱毛です。SSCは「美肌脱毛」や「痛くない脱毛」として宣伝していることが多く、脱毛効果はあまり期待できません。個人差がありますが20回以上脱毛しても完全に脱毛できない可能性もあり、人によっては何年も継続する必要があります。
ニードル脱毛と光脱毛の中間と言えるのが「レーザー脱毛」です。毛周期を考える必要があるため一度ですべての脱毛ができるわけではありませんが、およそ5~8回程度で脱毛できます。

レーザー脱毛、光脱毛は個人差がある
多くの人はレーザー脱毛か光脱毛を選びますが、どちらにしても個人差はあります。体毛の濃さや出力の調整など、様々な要因で効果が現れるまでの期間が変わってきます。最近は月額制のサロンも増えているので、もし不安であれば月額制や長期契約タイプのプランを選ぶと良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ